文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

IC-R6 ICOM アイコム 広帯域 ハンディー レシーバー

では、どうすればいいのでしょう。

COACH 財布 ティーローズ クラッチ

10A393/ルイヴィトン/長財布/ジッピーオーガナイザー/ダミエアズール
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はEIZO フレームレス 24インチ LED 液晶モニタ FlexScan EV2450 IPS 1920x1080 HDMI 画面回転 高さ調整 ディスプレイ 安い t- 27w-6

 

 

NMD_R1 'Solar Yellow Pink'


【送料無料(沖縄・離島を除く)】 ケーシーズ KSW613 ライダースウォレット メンフィス チーフ カウハイド【お取り寄せ】【ケイシイズ 財布】