文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【当選品】サイン入 チェキ アサ芸シークレット 小日向ゆか 【非売品】

では、どうすればいいのでしょう。

反射 うちわ文字 道枝 駿佑 なにわ ファンサうちわ セミオーダー パネル

リゾ-トウエア-(スリ-ピ-ス)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【在庫目安:お取り寄せ】 KingTech MegaRAID SAS 9261-8i SGL LSI00212 / MegaRAID PCIEx8(Gen2.0) SATA/ SAS 6Gb/ s 内部8ポートRAIDカード

 

 

【国内即発送】フェラガモ 長財布 22 O001 719317


同梱・代引不可 九谷焼 5.5号横向き招猫 紫釉 N193-01