文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Zenbook u305ca6y54 11.4V 45Wh asus ノート PC ノートパソコン 純正 交換用バッテリー

では、どうすればいいのでしょう。

ソニー サウンドバー 2.1ch NFC/Bluetooth/ハイレゾLDAC ホームシアターシステム HT-NT5

エヴァンゲリヲン新劇場版 プレミアムフィギュア シート・オブ・ザ・ソウル vol.2 真希波・マリ・イラストリアス 単品
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は金田一少年の事件簿 12本セット

 

 

Meng Liu Qi The Wandering Earthシリーズ - プラスチック模型組み立てキット # MMS-009


キューブベンチ BK/チェッカー