文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

MJB-65-BL-14-19 NBK 鍋屋バイテック カップリング ジョータイプ MJB BL カプリコン

では、どうすればいいのでしょう。

【純正品 2本セット】 KYOCERA/京セラ TK-6331 トナーカートリッジ 新品 (ECOSYS P4060dn 対応)

スギコ コードペンダント(ランプウォーマー) 白球付 TO-177 TO-177
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は新スター・トレック シーズン1〜7 トク選BOX 〈各6〜7枚組〉

 

 

京セラ 溝入れ用チップ PVDコーティング PR1625 10個 GBA32R160-020:PR1625


新品 トッカバンビーニ ワンピース ベビードレス 90