文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

BABY BJORN ベビービョルン バウンサー エアーメッシュ ホワイト

では、どうすればいいのでしょう。

BBM 2022 女子プロレス 瑞希 直筆サインカード ラストナンバー

デジモンカード 英語版 海外限定 ユニモン パラレル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はバービー誕生日の願い バービー人形ブロンド/Barbie Birthday Wishes Barbie Doll Blonde

 

 

【SALE】VETEMENTS ネームタグ Tシャツ 半袖 クルーネック 綿


玄関収納 ラシッサS ロッカー型(L1) フロート納まり ASGS 奥行360mm W:1,480mm 1417L1F 下駄箱 靴入れ LIXIL リクシル TOSTEM トステム