文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(レア)映画パンフレット 「真昼の決闘」※マッカーサー劇場版 ゲイリー・クーパー

では、どうすればいいのでしょう。

aesop スキンケア3セット

「優しい花と笑い声」 前川優希1st写真集
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は七宝焼 朱肉入れ 向鶴「ゴールド」 125-26

 

 

ZONE (ゾーン) 感応式ソープディスペンサー UME グレー D12xH17cm 250ml 14094 小さめ


いーさん様 ハイエース 195/80R15 サマータイヤ