文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ラバーメイド Xカート用カバー (1889863) 1889863

では、どうすればいいのでしょう。

オメガ シーマスター300m 210.30.42.20.01.001 腕時計 コーアクシャル シースルーバック 裏スケルトン オートマ メンズ

トミー ヒルフィガー Tommy Hilfiger レディース バックパック・リュック Lynn II Dome Backpack w/ Pouch Bias Multi Print PVC Tommy Navy/Tommy Red Multi
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はLACOSTE ラコステ カーディガン 茶 ユーロ

 

 

〔フェルメールの代表作〕謎多き画家 鮮やかな青色 ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)F4号 デルフトの小路


Paul Smith マフラー M1A-454D-AS22 SCARF CENTRAL STRIPE