文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

クラゲランプ クラゲ ラバランプ LED 20色変化するライト 2 カクレクマノミ 2 ゼリー 魚 ランプ リモート 生き物 クラゲ 水族館 クラゲ

では、どうすればいいのでしょう。

ロゴス 寝袋 ウルトラコンパクトシュラフ・2最低使用温度2度 72600460

チェスト タンス 子供部屋 姫系 3段 幅117 木製チェスト 桐 洋服タンス 整理タンス 収納チェスト
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【超希少】Louis Vuitton★サングラス★新作

 

 

STUDIOUS別注 ニードルス トラックパン


特別価格HUMMER H3 Matchbox 1:64 Scale Collectible Die Cast Car Model #73好評販売中