文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

三栄水栓製作所 ツーバルブ台付混合栓 ユニットバス用 ゴム栓付 寒冷地用 U-MIX K711KR-LH

では、どうすればいいのでしょう。

【直送品】 A&D (エー・アンド・デイ) キャリングケース EJ-12JA

ラインドレープ 縦型ブラインド 遮光 LD-6501〜6503 アジェント レールジョイント バトン80 幅400x高さ140cmまで
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSHIMANO 5800系 105 STIレバー &FD(Φ34.9)、RD

 

 

ホワイトマウンテニアリング White Mountaineering メンズ トートバッグ バッグ Black Polyester Tote Black


まめんこ様ご確認ページ