文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【全てメーカー純正部品使用】 シャフト テーラーメイド ステルス/SIM/Mシリーズ 純正 スリーブ装着 グラファイトデザイン Tour AD VR (ヴイ・アール)

では、どうすればいいのでしょう。

ハンガーラック 2段タイプ VR-7136[幅90 木製ハンガー カーテン付き]/同梱不可・代引き不可

国内発送 修理交換用 NEC LAVIE Direct NS Note Standard GN16CN/S8 PC-GN16CNSA8
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は送料無料【新品】楽々移動 大容量 キッチンカウンター

 

 

C&F Home ウッドランド リトリート 松ぼっくり ツインキルトセット 枕カバー1枚付き リバーシブルコットン ベッドスプレッド ベッドカバー 素


※値下げしました※ミズノ スキーウェア メンズ 上下Mサイズ 非売品