文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ)サンワサプライブルーレイディスク対応A4リフィルシート A4タテ 30穴 6ポケット ブラック FCD-RLBD30BK1パック(5シート)〔×5セット〕

では、どうすればいいのでしょう。

TOA 800MHz帯 ワイヤレスアンプ CD・SD・USB付 WA-2800SC

オーロラ ABR-290[その他AV・情報系]天井埋込アルミボックス
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はセリーヌ/フィービーファイロライダースジャケット

 

 

稲沢市 プラスチック製30L手付10枚入半透明 IN36 (60袋×5ケース)合計300袋セット 38-580 送料込み


『値下げ』JTC 電動ハイローチェア洗えるシート