文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

吊り下げシューズラック 強力粘着靴ホルダー ストレージオーガナイザー ドア靴ハンガー 靴シェルフホルダー 靴ラック 壁上に掛けてドア バスルーム キッ

では、どうすればいいのでしょう。

室内引戸 ラフォレスタ T11 トイレ片引き戸 11820・13220・16420 ケーシング仕様 YKKap 室内建具 リフォーム DIY

アラモーダ 日本製 ビジネスシューズ 本革 メンズ 革靴 紳士靴 外羽根ウイングチップ 1185 ダークブラウン 26.0cm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はセール!大人気ヨガブランドlululemon ルルレモンFree to Be Bra

 

 

ボス BOSS ライダースジャケット ボス


Kenneth Cole Kc4682 Ladies S/S Bangle Watch 並行輸入品