文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

カネテック PCMB-20 サニタリーマグネット棒 PCMB20

では、どうすればいいのでしょう。

あすつく対応 「直送」 アイマーク AST-SETN10065 ステンシル 0〜9 1セット10枚単位 文字サイズ100×65mm ASTSETN10065

(まとめ)ライオン事務器 カッティングシート10m巻 青 DC8-380L アオ 1巻〔×3セット〕
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は限定色 NIPPO ニッポー タイムレコーダー タイムボーイ8プラス PB ピアノブラック タイムカード100枚付き (?

 

 

ボッテガヴェネタ 長財布 ジップアラウンドウォレット ブラック マキシイントレ


(まとめ) パナソニック ザ・タップマルチ 一括・個別スイッチ付 2P・6個口 ホワイト 1.0m WHA29163WKP(1個) 〔×10セット〕[21]