文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

スリーパー《ピュアオーガニック》ベビー用 コットンスリーパー 日本製 寝冷え対策に◎ 日本オーガニックコットン協会承認 出産祝いにも

では、どうすればいいのでしょう。

ポイント5倍 中古パソコン 中古デスクトップパソコン Windows 7 Pro 64Bit搭載 DELL Optiplex シリーズ Core i5/4G/新品SSD 240GB/DVD-ROM

Star Wars Clone Wars : Clone Trooper Army w. Green Sergeant並行輸入品
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はPaul Smith ボクサーパンツ 3PACK メンズS a914ca3pckj-79aBKS

 

 

日研工作所:止り穴用 超硬右リードリーマ Sシャンク DLCコート RXS-F-DLC φ7.80mm


【送料,関税込】 VERSACE サングラス VE4336