文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

IRIS 軽量ラック100 セット W1200*D600*H2400 基本 5段 ■▼206-7950 LK1260245 1台

では、どうすればいいのでしょう。

陶額 金銀箔観月 |米寿 プレゼント 金婚式 陶器 還暦祝い 退職祝 結婚祝い 贈り物 ペア 夫婦 誕生日 プレゼント 古希 喜寿 祝い|

Plugable USB-C ドッキングステーション 60W 充電機能付き DP代替モード HDMI 有線LAN イーサネット USB3.0 x3 USB2.0 x2 音声
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はネイチャーハイクテント

 

 

(まとめ) NTカッター デザインナイフD-1000P 1本 〔×5セット〕送料無料


▪豪華版 通常版 14.5巻 パンフレット セット