文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

送料無料 日本製 抗菌 防臭 防ダニ 掛け布団(単品) リーフ ダブルロング 約190×210cm 6702629|b03

では、どうすればいいのでしょう。

DUAL 46 MONSTER ENERGY HOODIE L (マルチカラー L)

ラスト1点 ディオール カフス カフリンクス メンズ スウィヴル式 ロゴ Dior 中古
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【値下げ中】原神 クレー 火花騎士Ver. 1/7スケール 値段交渉可

 

 

パーティー 結婚式 服装 ロングドレス 演奏会 パーティードレス ドレス ワンピース 二次会 花嫁 発表会 謝恩会 小さいサイズ ポンチョ98


女の子 スーツ フォーマル 160cm