文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

17.3' WXGA+ Glossy Laptop LED Screen For HP Pavilion G7-2275DX 並行輸入

では、どうすればいいのでしょう。

ベッド 収納付き 連結 引き出し付き キャスター付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン ナチュラル セミダブル ベッド

カーテン プレーンシェード アスワン セラヴィ C'estlavie fit Modern E9070・E9071 形態安定加工(スタイリッシュウェーブ縫製) 約2倍ヒダ 148×240cmまで
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はA BATHING APE / BAPE SK8 STA / スニーカー

 

 

COSME DECORTE - コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア フォーミングウォッシュ 2本入り


2016AW新作 ★Stella McCartney★ MINI BELLA ハンドバッグ 2WAY