文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(同梱・代引き不可)富双合成 クッションフロア スタイルフロア 約91cm幅×20m巻き Y301-S

では、どうすればいいのでしょう。

Historix 1954 ニューヨーク市地下鉄地図ポスター 24 x 36 Inch

横断幕 懸垂幕(トロマット サイズ:45×540cm)オリジナル 1枚から 全力対応 送料無料 デザイン作成無料 修正回数無制限 写真対応 イラスト対応 フルオーダー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はfamiliar 食器セットA

 

 

everest APPAREL ユニセックス・アダルト カラー: ブラウン


未入荷!【STARBUCKS】 アクリル ナチュラル Wood タンブラー★