文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ) エプソン EPSON 写真用紙ライト(薄手光沢) L判 KL100SLU 1冊(100枚) (×10)

では、どうすればいいのでしょう。

ブルートパーズ ヤモリ ピアス 無くしにくい ピアス フックピアス

KNIPEX プライヤーレンチ すべり止めなし 150mm ▼446-9232 8603-150 1丁
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はイーストボーイ イーストビーナス11サイズ コート

 

 

【直送品】 スギヤス ビシャモン 足踏み油圧式リフター ST25H トラバーリフト


スヌーピー つり大好き メダカセット