文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

お宮参り のしめ 新品 女の子 正絹 女児 祝着 NO16473

では、どうすればいいのでしょう。

サーフ・ブリム 【L】

国内正規 新品 Supreme 22SS ハット バケットハット バケハ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はエレコム 外付けSSD/ポータブル/USB3.2(Gen1)対応/超小型/500GB/シルバー/データ復旧サービスLite付 ESD-EMN0500GSVR

 

 

大人のセンス超ロングコート


プラスチック グラデーション青紫色 ssd デスクトップ sata iii ノートパソコン 内部 ソリッドステート ドライ...