文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

タテヤマアドバンス KZエンド枠セット W75×D165 (S88889-AK) 三協立山(株)タテヤマアドバンス社関西支店

では、どうすればいいのでしょう。

Emmaretta 買い物バッグ エコバッグ 3WAY リュック トート ショルダー バッグ 大容量バッグ レジカゴ レジカゴリュック 防水 ナイロン

ニプロ 純正爪 ウイングハロー HVS3800BR用 代かき爪 88本セット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSuncloud Sunnyside Sunglasses, Tortoise/Polarized Brown Gradient, One Size

 

 

セルフォード ワンピース


ルイ・ヴィトン エピ サンジャック M52272 レディース ハンドバッグ ノワール