文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

長袖 ワーク空調服/作業着 KU90540〔ファンカラー:グレー カラー:ネイビー S〕 大容量バッテリーセット ポリエステル 撥水機能【商工会会員店です】

では、どうすればいいのでしょう。

マキタ 充電式草刈機 MUR190WDZ 18V 本体のみ 1台(直送品)

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) エアロプレミアムピロー (レギュラー) ST81030 ライム_並行輸入品
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【MONCLER】◆ラグランスリーブ スウェットシャツ◆2色

 

 

ブライダルインナーセット マタニティ


【5個セット】 YAZAWA HDMIケーブル1m ゴールドヘッド Φ5mmHD410GDX5(l-4589453005634)