文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル MOLLE 防水 軽量 ヒロシさん使用モデル アウトドア アサルト ミリタリー リュックデイパック 37L(1+2)

では、どうすればいいのでしょう。

18金 ネックレス トップ 勾玉 選べる組み合わせ 陰陽マーク ホワイトゴールドk18 ベネチアンチェーン パヴェ ダイヤモンド ブラックメッキ 男性 送料無料

ランプ・シェード(lamp-shade) ホルダー式 直径40cm シャンタン クリーム H-40102
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はソード専用出品 デッキ販売 即プレイ用 ベルゼブモンデッキ スリーブ付き

 

 

1-2685-01 無塵衣・FT191C 4L


to the seaトップス&パンツセット新作