文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アウトレット品 雛人形三月屏風 屏風のみ 15号 手まり桜 (黒) 22a-ya-2183

では、どうすればいいのでしょう。

【送料無料】OSG EX-SUS-SFT M42x4.5 STD OH4 ステンレス用スパイラルタップ

ミレー アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON TOUGH ST COAT W(ティフォン タフ コート) レディース Black-No
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は18日まで値引 PELLE MORBIDA ペッレモルビダ ブリーフケース 1室

 

 

盆提灯 創作提灯 渓仙 木製 電気コード式 回転灯 (回転 筒付き)


髭切 膝丸 8/1スケールフィギュア