文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

コンビ  ネムリラ  Simplight ベビザラス 限定 ハイローチェア

では、どうすればいいのでしょう。

遊戯王 青眼の白龍 ブルーアイズホワイトドラゴン レリーフ SM-51

遊戯王 三幻神 セット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【送料無料】オーエスジー(株) OSG 小径プラネットカッタ WH-VM-PNC-2.4X1.5 1本【478-3328】【北海道・沖縄送料別途】

 

 

【大人気☆VIP割引】●BURBERRY●ネクタイウエストシャツドレス


(+)バインドコ 4 X 4 ×22400【イージャパンモール】