文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

A&D 防塵・防水デジタル台はかり FS-6Ki (秤量:6kg)

では、どうすればいいのでしょう。

インテグレ−テッドパネル PI-P0614F2KDNL2N 送料無料 コクヨ kokuyo

強化セラミック 吹墨玉型菓子碗 10.3×9.5cm うつわ(Vol.15)[306-21-715] 10点セット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はESPELIR ( エスペリア ) Super ダウンサス スズキ ワゴンR / スティングレー 4WD NA MH

 

 

【お値下げ中!】ディズニーコミック柄キャリーケースL


ハッピーキャンパー公式チャームブレスレット。