文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ)TANOSEE エコポリペール 丸型 90L 本体のみ(フタ別売) グレー 1個〔×3セット〕もしも

では、どうすればいいのでしょう。

送料無料 木製スクリーン(帆布)4連 HT-4 BR  代引き不可/同梱不可

三菱K VC4STBR0050T0200N10 K 4枚刃ミラクルテーバ刃 超硬ボールエンドミルショット刃長 S 1mm メーカー直送 法人限定 代引不可 北海道沖縄離島不可
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はOlaf様♡ありがとうございます♡

 

 

ジョインテックス 腕章 安全ピン留 黄10枚 B395J-PY10〔×2セット〕〔送料無料〕


adepeche アデペシュ フォールディングチェア