文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ローソファベッド 全3色 プラザセレクト ソファー 2人がけ カーキ ミニソファ

では、どうすればいいのでしょう。

レイバン Ray-Ban サングラス 度入りレンズ

【未開封】【2BOX】侯孝賢 傑作選 80年代篇 & 90年代篇+「珈琲時光」
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はニューエラ レディース 帽子 アクセサリー Toronto Blue Jays Low Profile AC Performance 59FIFTY Cap

 

 

【在庫の確認必須】END. x InstaPump Fury OG 'Claret'


中国のドレス女性の伝統的なドレスQipao Satin Cheongsam夏のドレスの花のドレス中国人のパーティーの妖精のド(sd01592)