文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

サイドボード 収納 国産品 日本製 幅80cm 木目調 おしゃれ おすすめ 本棚 書棚 作業台 テレビ台 テレワーク テーブル付き 寝室 書斎

では、どうすればいいのでしょう。

LevvArts ブラック ホワイト レッド ウォールアート 4ピース レッド ツリー フォレスト 滝 ピクチャー キャンバスプリント 秋の風景 絵画 並行輸入品

【ポイント15倍】【直送品】 サカエ 物品棚LEK型樹脂ボックス LWEK1112-60T (206138) 【法人向け、個人宅配送不可】 【特大・送料別】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はチャビーギャング / ヒスミニ / アースマジック / ラッドカス / ヒスグラ

 

 

ダイヤモンド ネックレス 一粒 プラチナ 0.4カラット 鑑定書付 0.43ct Dカラー IFクラス 3EXカット GIA 通販


【HERMES】EchappeeHermesリング、ミディアムモデル