文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

TRUSCO TUG200型オプション荷物用回転式落下防止装置間口1800mm用【品番:TUG-RD6WA】

では、どうすればいいのでしょう。

木目調フォールディングテーブル/折りたたみローテーブル 〔幅90cm〕 スチール脚 『エルマー』 END-351トップセラー

アルペンハット 紳士 春 夏 メンズ 帽子 サッカー生地 日本製 KNOX 50代 60代 70代 ファッション 春夏 ハット ノックス アルペン 白 アイボリー 父の日
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はヴィヴィアン ウェストウッド クラッチバック コラボ vivienne 限定

 

 

ティースプーン ティースプーン (マットゴールド) BeloInox/L141mm 12入//業務用/新品


敏感肌シリーズⅢ 9点セット