文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

DIECAST Toys CAR BBURAGO 1:18 レース - メルセデスF1 W07 ハイブリッド - ルイス・ハミルトン #44 - AMG ペトロナス フォーミュラ ワン チーム シルバー

では、どうすればいいのでしょう。

ラッキーブランド レディース ハーフパンツ・ショーツ ボトムス Ava Cuff Denim Shorts

骨壷(骨壺) さざ波 7寸(骨つぼ 分骨 納骨 手元供養)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は*FW21* LOEWE Wide leg trousers in wool パンツ

 

 

TOKIO【藤沢工業】 折りたたみ座卓 共貼りタイプ ITO-TU-1845 W1800xD450xH330


PRADA新作SAFFIANOロゴ付きカードケースNEROブラック/1MR017_QHH