文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

myojo 明星 21冊 2008年〜 嵐 Hey!Say!JUMP 関ジャニ

では、どうすればいいのでしょう。

モヘア ニット カーディガン グランジ レザー シルバー バングル フリース

超レア ヴィンテージ FILA tennis ジャケット&パンツ セットアップ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はい草ユニット畳 半畳 6枚セット set 約82×82×厚み1.7cm 抗菌 防ダニ 防カビ 防音 軽量 置き畳 ふんわり椿

 

 

ラインドレープ 縦型ブラインド ノルディック LD-6129〜6130 リンド レールジョイント コード80 幅320x高さ220cmまで


Talor Toyo - もじゃみ様専用