文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

寢巻き パジャマ 部屋着 レディース ルームウエア フランネル 前開き 柔らか 厚手 保温 長ズボン 上下セット あったか もこもこ 長袖

では、どうすればいいのでしょう。

BORKA 5ライングリーンレーザー墨出し器 4方向大矩ライン照射 斜線機能 高輝度 地墨ポイント タッチスイッチ(ブルー)

高品質純正交換ヘッドライトHIDバルブ30000KS15シルビア対応メガLED
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はロッキングチェア TOYO furniture

 

 

(まとめ) テラモト フロア化学モップ スペアモップ 250mm幅用 CL-808-810-0 1枚 〔×10セット〕


夏の定番商品! 爽快リネン100%ブラウスがお買得! 多色展開