文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

クラウン [CR-GA72-MG] 高級賞状額【1枚】 CRGA72MG ポイント5倍

では、どうすればいいのでしょう。

【代引き・同梱不可】フナモコ FREEDOM フリーダム 両面シェルフ ホワイトウッド RSS-430

(取寄) コーチ グラブタンレザー レザー サドル バッグ COACH Glovetanned Leather Beat Saddle Bag
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はホワイトオーク キッチン収納キャビネット 90×40 シンプル ナチュラル

 

 

【個人宅配送不可】サカエ [KK-68FIV] 「直送」【代引不可・他メーカー同梱不可】「車上渡し」 軽量作業台KKタイプ KK68FIV ポイント5倍


SALE【Self-Portrait】可憐な花柄プリント☆Vネック☆ミニドレス