文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ZIJINJIAJUテーブルマット テーブルクロス110*75厚さ2.0mm透明ビニール 耐熱マット クリア PVC素材 耐油 テーブルクロ

では、どうすればいいのでしょう。

[KTL7201] トラスト クリーニングカート 5011 6947048862051 ポイント5倍

ベッセル VESSEL VE-3000 電動ドライバー VE3000 VE3000-6080 小ねじ用電動ドライバー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はオージュア エクイアル シャンプー&トリートメント

 

 

アイジェルナ Ijeluna K10 ピンクゴールド リング 指輪


山下達郎ファンクラブ会報誌No.57〜68