文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Reef Women's Sandals, Cushion Scout Braids, Vintage, 11 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

第一計器製作所 IPT一般圧力計(耐振用 DVU3/8-150:0.5MPA

Yukon (YG C8.89-390) High Performance Ring and Pinion Gear Set for Chrysler
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は送料関税込☆Azzedine Alaia☆VIP! DEMI-LUNE バッグ

 

 

BOSS マルチオーバートーン MO-2 バッテリースナップ付き ボス エフェクター


【国内発送関税込】MAISON MARGIELA カシミアセーター