文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ANA 機内販売 メンズ マフラー モーガン&オーツ

では、どうすればいいのでしょう。

4512873026729 【30個入】 KuSu POP paletone 3重ガーゼウォッシュタオルグリーン【キャンセル不可】

クツピカ 上履き洗剤 ジェルタイプ 上靴 スニーカー 詰め替え 2000ml
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は吸引ろ過器 K〔沖縄離島発送不可〕

 

 

ZOJIRUSHI 豪熱沸とうIH炊飯器 一升炊き NP-VQ18 IHジャー


Jewish Ram Horn Shofar 21"-23" 並行輸入品