文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Zumba (ズンバ) Stellar Samba Cargo Pants Surf 並行輸入品 (M)

では、どうすればいいのでしょう。

ノースリーブ Vネック 40代 ロングドレス 30代 ゴールド イブニングドレス 演奏会ドレス ロング丈 パーティードレス 二次会 お呼ばれ

ドレス結婚式ドレスパーティードレス発表会ドレスロングドレスワンピースパーティードレス結婚式チャイナドレスロングチャイナドレスコスプレ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は有田焼 香蘭社 花瓶

 

 

カーテン&シェード シンコール Melodia ELEGANT エレガント ML-3184〜3187 ベルベット縫製 約2倍ヒダ 幅300×高さ280まで


新品!和久洋三セット