文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

XL501056R1E ベースライト オーデリック 照明器具 ベースライト ODELIC_送料区分20

では、どうすればいいのでしょう。

MSY222-21-28G/B/BS バンド取手付システムケース(送料無料)

パナソニック XND1051SVRY9 ダウンライト 天井埋込型 LED(温白色) 拡散85度 光源遮光角15度 調光(ライコン別売) 埋込穴φ125 ホワイト
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★ルーズ様専用★オンヨネ選手ウェア上下 M

 

 

1級遮光 防炎 ドレープカーテン 遮光カーテン 幅150×丈185cm 1枚入り


Theory 17AW チェスターコート グレー