文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Large Vintage Canvas Messenger Shoulder Bag Crossbody Bookbag Business Bag

では、どうすればいいのでしょう。

新品YiiYYaa 72cc 2 Stroke Auger Post Hole Digger, 3KW Petrol Gas Powered Post H

On オン メンズ 男性用 シューズ 靴 スニーカー 運動靴 Cloud X Shift - Heather/Glacier
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は新品 todayful Jacquard Leaf Roughpants 36

 

 

Generic新しい14.0インチHDタッチスクリーンon-cell 40pinsノートパソコンLED LCDタッチスクリーン交換と互換性b140 X


■新品■新作■厚底■帯地■草履バッグセット■振袖フルセット振袖一式■608