文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

★即決価格★定価2.8万 MT style ショルダーバッグ イタリア製

では、どうすればいいのでしょう。

おまけ付き春麗 フィギュア コトブキヤ 国内正規品 美品

Dr. Martens Clemency 8ホール ブーツ ヒール有
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はAdTec Men's 11" Harness Motorcycle Boot, Black, 9.5 W US

 

 

★BTS着用★LAUL★OVER FIT FLANNEL CREWNECK SHIRTS_RED&NAVY


【ポイント15倍】【直送品】 エバラポンプ(荏原製作所) EBQ型 残水排水用自吸ポンプ 25EBQ5.4SA (0.4kW 100V 50Hz)