文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

腕時計 カシオ レディース D203 Casio LA680WA-2C Women's Vintage Floral Dial Alarm Chronograph Digita

では、どうすればいいのでしょう。

額縁 フレーム 水彩額 246(R)/ゴールド 水彩F10(530×455mm)専用 前面ガラス仕様 マット付き

日置電機 パルスロガー LR5061〔代引不可〕
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はエミリー・ブラント直筆サイン入り2Lサイズ写真‥メリー・ポピンズ‥

 

 

鬼滅の刃 風 鬼舞辻無惨 コスプレ衣装ウィッグ 靴着物 cosplay アニメ ゲーム 男女兼用 コスチューム パーティーグッズ ハロウィン仮装


7/23まで ★18金★ペンダントトップ 天然アコヤ真珠&ダイヤ 5.8g