文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

コペンl880k用マフラー

では、どうすればいいのでしょう。

マツダ RX-7 FD3S 純正マフラー(引取限定)

ステンドグラスランプベース3点
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はパナソニック施設照明器具 屋外灯 ポールライト XY2921KLE9 『NNY22401KLE9+NNY28551』 LED N区分

 

 

■REX 1701NF ニップルアタッチメント 2 NA50(1230018)


ピアス セット K10 Pt950 プラチナ ダイヤ 金 サファイア