文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ)コクヨ タックタイトル 丸ラベル直径8mm 青 タ-70-41NB 1セット(16320片:1632片×10パック)〔×5セット〕もしも

では、どうすればいいのでしょう。

ViewSonic VX2485-MHU 24 Inch 1080p IPS Monitor with USB 3.2 Type C and Free 並行輸入品

【ポイント10倍】ナカニシ (NAKANISHI) エスパート500 コントローラ NE96 (9087) 《精密電動工具》
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【20AW】新作 スモール サフィアーノレザー 財布 ◆プラダ◆

 

 

1987年 USA製コールマン スチールベルトクーラー 40 ヴィンテージ


(12個セット) 伸縮式 フライパン&鍋ぶたスタンド (ホワイト) 幅32〜57×奥行19×高さ19cm スチール ファビエ (キッチン)