文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

レイバン サングラス アビエイター ティアドロップ グリーンミラーレンズ

では、どうすればいいのでしょう。

【タイムセール】IDEE AO SOFA 2P 無印良品

高橋真琴 おひめさまえほん 5冊セット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【ロイヤル2】絹 シルク ガーゼケット 100%シルク 公式三井毛織国産 シングル 140x200cm 無漂白無晒無染色 送料無料 S2150

 

 

Ralph Lauren 9-Inch Classic Fit Performance Short ボトムス


■ダイジェット EZドリル(5Dタイプ)EZDL060(3340767)