文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【P15倍】【直送品】 サカエ 中軽量棚PmLW型パネル付(250kg/段・連結・5段) PMLW-2325R (197381) 【個人宅配送不可】 【特大・送料別】

では、どうすればいいのでしょう。

メンズバッグ バッグ バジェックス トレジャービジネス 23-5534

アディダス adidas YEEZY BOOST 350 V2 イージーブースト BB1826 STEGRY/BELUGA/SOLRED 27.0cm 【中古】 191015795289 (フットウェア)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は正絹総絞り振り袖 帯セット

 

 

ほぼ自然4587ミックス花帽子花輪


ルイビトン・サンチュール・LVイニシャル 40MM リバーシブル22SS