文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

キャンドルウォーマーランプ ミニ 木目調 アロマキャンドルホルダー キャンドルバーナー アロマディフューザー 間接照明 香る照明 替用電球1個付きRATD-0001

では、どうすればいいのでしょう。

アルインコ アルミパレット PLT型 片面二方差し 1100X1100 ( PLT1111 ) PLT1111

京セラ 外径加工用ホルダ PSSNR2020K-12 【142-5480】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はGSI OUTDOORS DESTINATION KITCHEN SET 24 並行輸入 並行輸入

 

 

たんぽぽ様 専用 KUMIKYOKU パンツスーツ/セットアップ/大きいサイズ


Fossil メンズ Fs5280町民44ミリメートルクロノグラフブラウンウォッチ ブラック