文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

パナソニック ポーチライト・浴室灯 ブラック LED(電球色) LGW50623F

では、どうすればいいのでしょう。

日本電興 スチームクリーナー スリム2WAY ND-SC282B    モップ時:本体/奥行53× 幅8 × 高さ14.5cm(高さ112 × 幅30.5 × 奥行19.5cm) 同梱不可  送料

マイヤー(Meyer) 片手鍋 16cm ステンレス IH対応 底面三層構造 「マキシム」 国内正規品 MXS-S16
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【入門用】【鳴き縄】緊縛用麻縄(ピンク)8m×3本

 

 

Transcend 外付けSSD 480GB USB3.1(Gen2)Type-A/Type-C 対応 ポータブルSSD TS480GESD240C【並行輸入品


コムサイズム ニットベスト