文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SANEI 洗濯機パン 外寸640mm×640mm H5410-640

では、どうすればいいのでしょう。

店研創意:2段回転袋物掛け 61-102-7-1【メーカー直送品】 小物掛け 回転什器 袋掛け 鞄 バッグ 61-102-7-1

実績のJPRブランド6本 ストレッチフィルム Jラップ・ネクスト15(300m×500?×15ミクロン)パレット輸送時の荷崩れ防止、商品保護
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はフレーベル館 しぜん 65冊セット キンダーブック

 

 

キヤノン インクタンクBCI-381+380/6M BCI-381+380/6MP


AK様オーダーページ