文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

クロシオ 食器棚 ホワイト 幅60cm カントリー 収納 家具 キャビネット 052531

では、どうすればいいのでしょう。

(業務用2セット) サンビー 連結式ゴム印/エンドレススタンプ 〔アルファベット/ゴシック〕 EN-EG4

Prism(プリズム)LEDランタン CLAYMORE CapOn 40B 充電式・3照射モード・無段階調光 カラー:タン CLP-200TN
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【ATP ATELIER】Palmariggi レザー サンダル チェーントリム

 

 

結婚式 ウェディングドレス 二次会 前撮り


GIGABYTE B660 AORUS Master DDR4 (B660/ Intel/LGA 1700/ ATX/ DDR4/ Triple M.